ニキビによる炎症と肌へのダメージでターンオーバーがうまくいかなくなり色素沈着になります

ニキビ跡ができる原因

ニキビ跡ができる原因

◆ 肌トラブル

ニキビを経験したことがない人はいないのではないか?というくらい誰もが経験するお肌トラブルの一つが「ニキビ」ですね。このニキビは時として余計なお土産を置いていきます。それが「ニキビ跡」です。

原因と対策

◆ どうしてニキビ跡が出来てしまうの?

ニキビは皮脂が分泌される毛穴が角化し、詰まってしまうことで皮脂が分泌されず面ぽう(コメド)ができます。この段階は白ニキビ。毛穴が開いて参加して黒く見えるものを黒ニキビと言います。そこにアクネ菌が繁殖して炎症を起こしたものがいわゆる赤ニキビです。さらに炎症が進むと膿をもった黄ニキビになり、もっと進行したものは毛穴の深いところで膿と血液が固まって紫ニキビというものになります。白ニキビや黒ニキビはまだ肌の表面に近い部分でのトラブルなので、この段階で適切な治療を行えば跡になることはありません。しかし炎症が進み、肌の深い部分にまで進んでしまった場合、ダメージは大きく色素沈着やクレーター痕を残すことになります。たとえば黄ニキビは毛穴の内部組織を破壊しそのダメージは真皮にまで及びます。紫ニキビになると皮下組織にまでダメージが広がってしまい、高い確率でニキビ跡が出来てしまいます。特に黄ニキビや赤ニキビが複数ある場合は注意が必要です。皮膚の内部でニキビ同士がくっつき、肌の深い部分から皮膚に形状を変えていきます。こうなってしまうとなかなか治りにくかったり、治ってもすぐに再発したり。何度も繰り返すことでデコボコのニキビ跡ができてしまいます。
ニキビによる炎症の際、真皮の血管を傷つけてしまい出血を起こします。その時血液が皮膚細胞にしみこみ赤血球の含まれるヘモグロビンによって赤みを帯びた色素沈着が起こります。ニキビによる炎症はメラニン色素を増加させてしまいます。さらにニキビによるお肌ダメージでお肌のターンオーバーがうまくいかず茶色い色素沈着になります。

◆ ニキビ跡を残さないために

赤ニキビ以降の炎症を起こしたニキビは跡を残す可能性が高くなってきます。この段階になったら自分でなんとかしようと思う前に専門家に相談する方がいいでしょう。決して自分でニキビをつぶしてしまうということだけはしないでください!膿をもったニキビをつぶしてしまうと、かなり高い確率でクレーター痕を残します。自分で潰すことで皮膚を傷つけ指や爪の雑菌が付着し、さらなる炎症を起こすことがあります。にきび跡を残さないためにもなるべく早い段階で適切な処置を受けましょう。