毛穴の詰まりやホルモンバランス、間違ったスキンケア

ニキビができる原因

ニキビができる原因

◆ 食生活の見直し

ニキビで悩むのはなにも思春期だけではありません。大人もニキビに悩んでいます。そもそもどうしてニキビができるのでしょうか?

皮脂分泌の過剰と毛穴の角化

◆ ニキビは毛穴の詰まりが原因

通常皮膚からは常に皮脂が分泌されて肌にバリケードを作っている状態ですが、この皮脂が過剰にされると今度はスムーズに排出されず、毛穴が詰まってしまいます。そして、皮脂の出口の角質が過剰に厚くなってしまい毛穴の出入り口をふさいでしまうことがあります。これを角化と言いますが!こうなると過剰に分泌された皮脂はもちろんのこと、通常の皮脂分泌でも出口がないので詰まってしまいます。これらが原因となってニキビができてしまいます。

◆ ホルモンが原因

ニキビができるのは皮脂分泌が活発になってニキビができますが、皮脂分泌が盛んになる原因が「ホルモン」の影響と言われています。思春期でしたら成長ホルモンの影響によって主にTゾーンの皮脂分泌が増えてニキビができやすくなります。男性ホルモンも影響します。思春期に活発になってくる男性ホルモンは女性にも少しですが分泌されているのです。男性ホルモンは皮脂分泌を盛んにさせ皮膚の角化を促すので、ニキビができやすくなります。女性も少し男性ホルモンは分泌されています。ストレスや生活習慣の乱れで男性ホルモンが活発化し皮脂分泌までも活発化させてしまいます。また特に女性は黄体ホルモンの影響によってニキビができやすくなります。この黄体ホルモンは生理前になると活発になるので、生理前にニキビができやすくなったり、ニキビが悪化したりします。さらにストレスが増えるとホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンだけでなく副腎皮質ホルモンが皮脂分泌が活発化し、ニキビができやすくなります。

◆ スキンケアが間違っている

自分に合っていないスキンケアが原因となってニキビができる場合もあります。毛穴を詰まらせやすい成分配合の化粧品を使ってることが、ニキビの原因ということはよくあります。油分の多いコスメや基礎化粧品などです。一般的にカバー力が高いと言われているクリームファンデーションはカバー力、保湿力ともに高いですが、油分も多いものです。このように自分の肌に合った化粧品選びは大切です。そしてメイクをした後はしっかりメイク汚れを落としましょう。メイクをしたまま寝るなんてもってのほかです!毛穴詰まりの原因になります。

ニキビの原因は思春期の方も大人も「皮脂分泌の過剰」と「毛穴の角化」です。