過剰な皮脂を取り除き、毛穴を詰まらせない

スキンケアでニキビの予防と対策

スキンケアでニキビの予防と対策

◆ 原因を取り除く

ニキビができる原因は「皮脂の過剰分泌」や「皮膚の角化」によって皮脂がうまく排出されず、アクネ菌の活発化でニキビができます。ですからニキビを予防するには、原因となる過剰な皮脂を取ることと、毛穴を詰まらせないことが必要になります。

スキンケア

◆ 洗顔

メイクをしている場合は、必ずその日のうちにメイクを落とすようにしましょう。どんなに疲れていても、帰ってきてどんなに眠たくてもメイク落としだけは忘れてはいけません。しかしメイクをしっかり落としたいからといって、洗浄力の高いメイク落としはマイナス面があります。洗浄力の高いメイク落としというと、オイルクレンジングが挙げられますね。オイルクレンジングは確かに洗浄力も高いですし、サッとメイクも落とせるので楽かもしれませんが、皮脂分泌が過剰なところにオイルがつくことでニキビができやすい環境ができてしまます。もしニキビができていたら悪化してしますこともあります。また必要な油分を取ることで肌がさらには油分が必要だと感じ、皮脂分泌過剰になる原因ともなります。ですからオススメはオイルの少ないジェルクレンジングなどです。皮脂が気になって1日に何度も洗顔することも避けましょう。お肌に必要な潤いが取り去られてしまい、乾燥することで皮膚の角化が進み毛穴が詰まってしまいます。

◆ ピーリング

毛穴を詰まらせないようピーリングを取り入れてはいかがですか?酸性の薬剤を使って余分な角質をはがし、お肌のターンオーバーを助けることです。ピーリングは皮膚クリニックでも行えますし、お家でも手軽にできるホームピーリングもあります。角質層の結合を弱める作用のある成分配合の石鹸や化粧水を使います。ピーリングをした際気をつけなければいけないのは、ピーリング後のお肌は角質層が薄くなっているので、紫外線の影響を受けやすいのです。ですからUV対策、ケアはしっかりしましょう。

◆ 保湿

これは思春期ニキビも大人ニキビにも共通して言えることです。毛穴が角化しないようお肌の水分バランスのためにも保湿はしっかりしましょう。乾燥は角質が厚くなって毛穴を詰まらせてしまいます。思春期ニキビでしたら皮脂分泌を抑える化粧水や保湿剤があります。油性のスキンケアは避けてください。余計な油分はアクネ菌を活発化させるだけです。ビタミンC誘導体配合の化粧水も皮脂を抑えるのに効果的なので、ニキビ予防にいいでしょう。