ニキビ跡の改善に効果的な化粧品にはどのようなものがあるのでしょうか

ニキビ跡を治したい!

ニキビ跡を治したい!

◆ 化粧品選び

トップイメージ ニキビ跡の改善に効果的な化粧品にはどのようなものがあるのでしょうか。

ニキビ跡の種類

◆ 赤みのあるニキビ跡

赤みのあるニキビ跡が残ってしまう原因はお肌のターンオーバーがうまくできていないことです。新陳代謝を活発にするピーリング化粧品を使うといいでしょう。これによって肌本来の持つ自然治癒力が高めてあげることができます。化粧水の前にブースター(導入液)を使うと古い角質をはがしたり、角質を柔らかくし化粧水が浸透しやすくなります。こうしてお肌を整えターンオーバーを促してくれるのです。

◆ 茶色のシミのようなニキビ跡

この原因はメラニン色素です。ですからこちらもお肌のターンオーバーがうまくできれば、徐々に薄くなっていきます。そして原因がメラニン色素なだけに、色素沈着が進行しないようにUVケアをしっかりしましょう。紫外線をカットします。そしてシミ対策の美白効果の高い化粧品を使うようにします。ビタミンC誘導体が含まれた化粧水は肌のターンオーバーを促進しますし、メラニン生成も抑制できます。色素沈着のニキビ跡には効果が期待できます。

◆ クレーターニキビ跡

にきびを潰すことで炎症が悪化し、ボコボコのクレーター痕になってしまったお肌を改善する自宅ケアというのは非常に難しいのが現状です。美容整形外科での治療になります。しかし完全に消すことは難しいとしても、目立たない状態に導くことはできます。諦めずに効果のある化粧品を使い続けることで効果を感じている方は大勢います。例えばピーリング効果のある石鹸や美容液を使って古い角質を取り肌を生まれ変わらせるという方法があります。

無添加の「ベルブラン」

◆ オススメにきび用美容液

ベルブラントップページ にきび跡用美容液としてオススメなのが「ベルブラン」です。保湿や美白の有効成分がたっぷり入ったこの美容液は「トラネキサム酸」「アルピニアカツマダイ種子エキス」「カモミラエキス」といったニキビ跡に最適な成分が角質層にまで届きます。使い続けていくうちに気になる跡が薄くなっていき、透き通る肌に戻れるのです。さらにこちらは現在にきびがあるというお肌にも使うことができます。潰れてしまったにきびや今あるにきびの悪化を抑え、さらには今後のにきび予防もしてくれます。着色料やパラベンなど添加物を一切使用していないので敏感肌の方も安心して使うことができます。にきびでデリケート肌になってる方も安心です。ベルブランの詳細はこちらから。

ベルブラン公式

シミ・ニキビにダブルで効く「ピュアアメイジング」

◆ 大人ニキビ・毛穴の黒ずみ・シミ対策に!

ピュアメイジングトップページ ニキビ、シミ対策用の薬用オールインワンジェル「ぴゅあメイジング」をご紹介します。着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン、エタノール無添加で、「紫根エキス」「カモミラエキス」「スクワラン」「コラーゲン」など製品の99%が美容成分でできています。医薬部外品として、皮膚の乾燥を防ぐ、メラニンの生成を抑えて、しみ、そばかすを防ぐ、肌荒れを防ぐ、肌を引き締める、肌を整える、皮膚にうるおいを与えるなどの効果が科学的に証明されています。 ピュアメイジングの詳細はこちらから。

ピュアメイジング公式